【リフォーム】リフォームを成功させるポイント

投稿日:6月 22, 2019 更新日:




将来的なリフォーム

将来のリフォームを考えた際に気をつけておかないといけない点があります。

建物に使う建材や構法です。

それに関して、きちんと最初に立てる段階でリフォームを想定して選定しておけば、作業時に楽になります。

実際に作業をする際に、あまりにもめずらしい建材を使用していると、手に入らなくリフォームができにくいということが出てきます。

ですので、なるべくオーソドックスな建材を使う事をおすすめします。

構方にもリフォームしやすいものとしにくいものがあり、リフォームしやすいのは在来工法である木造組構法や鉄骨造りです。

こうした構法にもリフォームのしやすさを追求しておくことが、実際の作業時に楽に済ませることができるようになります。

自分でも修理

自分で修理などをする際に、どこまでリフォームができるようになるのでしょうか。

単にリフォームといっても色々な目的があります。

生活に支障のある個所を直すのか、あるいはより快適に暮らすためのバージョンアップをするのか、など色々とあると思います。

ただやみくもに行っても意味がありません。最初に自分たちの目的やリフォームをすることによって生活がどのように変わっていくのかをイメージできるようでないと駄目でしょう。

リフォームの内容に関しても、新築にかかる費用と同様な金額がかかる可能性もあります。

資金の用意についても検討しておく必要があります。リフォーム時においては、色々と考えなくてはいけないことが多いです。きちんと用意周到にしてください。

リフォーム時におけるローンの活用

マイフォームの利用時には、いろいろな種類のローンを利用できることを覚えておいてください。

住宅が古くなってきたので、そろそろ大規模リフォームを検討中とか、建て替えるべきか、買い替えを行うかを迷っている場合、リフォームの見積もりを取ってみましょう。

それからローンに応じた状況をいろいろと検討してみることです。

また、中古住宅の購入に関しては、入居前のリフォームを考えており、購入費用ととともにリフォーム代金も組み込んでローンを組むことが可能です。

かなり、大きなメリットです。

金融機関に相談してみましょう。

リフォームに関しては、リフォームローンを利用することができますが、無担保という形式になります。金額も安いので、その分金利が多少高くなりますが、返済期間が短く安心です。

リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方ですが、自分たちの状況によって選ぶ業者が違ってきます。

最もスムーズなのは、リフォーム内容が具体的に分かっていて、近所にある工務店と相談しながら進めるケースです。

これは、いちばん簡単で楽な進め方ではないでしょうか。

希望するリフォームプランがまだ未確定ということであれば、設計事務所に依頼して打ち合わせから始めるのが安心です。

緊急に直すべき個所がある際は、緊急に相談できるリフォーム業者専門の会社が良いでしょう。

リフォームは、いちばん身近で身軽な住宅を変更できる工事です。

ですので、いろんな方がリフォームをやりたがりますが、きちんとした対応を心がけてください。やみくもに行うのが一番良くないです。

住宅に関するの打ち合わせについては「住宅購入、家づくりを成功する打ち合わせ」にも詳しく解説しています。

中古住宅でのリフォーム

中古住宅においては、ほとんどが最初からリフォームを前提に買うつもりの人が多いのではないでしょうか。

マンションは大幅なリフォームはできませんが、一戸建ての場合法的規制の範囲であれば自由にリフォームができます。

リフォームをする際に工事をしている間、建物の構造自体が見れる機会なので、きちんと確認しておきましょう。

自分の目でも欠陥や傷んでいる部分がないか調べておきましょう。そこで補修工事も一緒にやっておけば、リフォームとメンテナンスをまとめて済ませられます。

このように中古住宅においては、自分の目で確認しておく必要性もありますので、なんでも業者任せという事にしないようにしてください。そうすれば、自分でも多少の修理はできるようになり、コストを減らせます。

欠陥住宅については「【欠陥住宅】欠陥住宅を購入しないために」に詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

中古住宅購入時のリフォーム

中古住宅を購入する際に入居前にリフォームをしなくてはいけない場合があります。

リフォームは住宅を長持ちさせるためのものです。

生活スタイルの変化により、玄関部分をリフォームすることや外壁のひび割れに対してリフォームをおこなわなければいけないこともあるようです。

また、お年寄りとの同居の場合、バリアフリー化しなくてはいけなく、部屋と部屋の段差をなくすバリアフリーなどの対策も必要になることもあるでしょう。

バリアフリー化については「【バリアフリー】住宅設計時のバリアフリー化」に詳しく解説しています。

自分たちでリフォームを決めた際には、複数の業者から見積もりを取って、それから決めるのが良いでしょう。

リフォーム業者に関しては、住宅の購入業者からの紹介でもかまいません。要は複数の中から、予算に見合った見積もりをとれるかどうかです。

予算に関して「【予算】住宅づくりは予算との戦いです。」や「【住宅見積もり】失敗しない見積もり選び2つのポイント」に詳しく掲載しているのであわせて読んでみてください。 に詳しく掲載しています。

マンションでのリフォーム

マンションのリフォームはどんなリフォームができるのでしょうか。

マンションのリフォームに関してですが、専有部分であれば可能です。

マンションの共有部分の場合、住民の総意を取らないといけなくなります

ですので、総意をとるのに時間がかかりまた希望するデザインや機能がみんなバラバラでなかなかまとまりづらいという事もあり難しいです。

専有部分であれば、自分たちの意思で行う事ができるので速やかに取り組めるでしょう。また、デザインの希望などは自分たちの好みで設定できます。

一方、一戸建てに関しては、法的規制に違反していないかどうかが最大の焦点となるでしょう。それをクリアしていれば、ほとんどがクリアできます。

ただし、コスト面で自由にできる反面、気をつけていかなくてはいけないでしょう。

リフォームを成功させるポイントのまとめ

住宅リフォームを成功させるためには

  • 将来に向けて事前にリフォームの準備をしておく。
  • 自分で直せるところは直す
  • ローンが組める場合はローンも方法のひとつ
  • 一戸建てとマンションで方法は違う

これらの違いを把握していばきっとリフォームは失敗しないはずです!

-ライフ設計, 不動産業者, 住宅のお役立ち情報, 住宅の種類, 住宅リスク, 内装外装, 資金, 購入後
-, , , , , , , , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.