【子ども】住宅設計と子どもについて

投稿日:7月 2, 2019 更新日:




お子さんを考えた住宅設計をしましょう

子供を不幸にするような家を購入しないようにしましょう。

住宅購入を考える際には、子供の事を考えるのが一般的なことです。

小学校入学を前にした購入が一般的には普通で、その結果子供のためと言いながら、小学校の時だけの事を考えての住まいの選び方が大変多いです。

子供部屋の事だけを考えて、住まいを選んでその結果教育費をねん出できないという事もあります。

その結果、進学先が限定されるなどといった問題が出てきてしまいます。

そんな失敗をしないために、子供を長い目で見た住まいの選び方が重要になってくることが分かるでしょう。

ぜひ、子供の将来を考えた住宅設計をして購入することをお勧めします。無駄なことのないようにしましょう。

親の心構えで子供の心情も変化します

親の気持ちも子供には伝わります。子供がのびのびした家に育つには、親の日頃の心構えも大切なようです。

普段から、親が怒り気味であったりしていれば、親の顔を見てばかりでのびのびと子供が育つはずがないです。ですので、住まいは親、特に母親が快適に家事炊事を使えるようなキッチンでないといけないと思います。

そのように少しでも負担が少なくすむと、母親も家事炊事が楽になり気分も楽になります。そういった気持ちは必ず子供に伝わります。

また、子供に言う言葉で多いのが「静かにしなさい」という言葉です。確かに周辺環境や下の階の住人に対して迷惑をかけないためには大切なことです。

しかし、そればかり言われると子供も委縮してしまいます。

であれば、無理のない範囲で一戸建てを購入するという方法もあるのではないでしょうか。

全体的な快適な住宅については「住まいを快適にするための住宅設計」を読んでみてください。

気になる子供部屋に関して

2階の子供部屋は新築当初は、2人で一部屋という作りで済むでしょうが、年数がたつと子供たちもプライベートが欲しいはずです。

それに備えて、個室として仕切れるように仕切りを設置できるような設備を備えておきましょう。

また、部屋にロフトを設けて収納スペースを確保することも必ずしておいてください。

収納スペースとしてロフトがあるのは、大変役に立ちます。

また、子供たちが皆表等に部屋の面積を所有できるようにしましょう。

収納スペースについては「【収納スペース】住宅設計には最低8~9%は収納スペースを」を参考にしてみてください。

広さや窓の数といったものも、できれば子供部屋には考えてあげると良いでしょう。

そのようになるべく子供の事を考えて新築の際には計画することも必要です。

きちんとした設計をすれば、それだけ子供たちが成長した際に何も問題なく済みます。

住宅全体のスペースを考えるなら「【住宅スペース】住宅スペースの有効設計」を参照してみてください。

子供に配慮した設計をしましょう。

子供部屋の配置ですが、いちばん気になるのが音なのではないでしょうか。

お年寄りと一緒に暮らす場合など、騒音となったのでは意味がないです。

ただ、むやみやたらに音の問題で部屋を孤立させるのは良くないです。これらの部屋は気配を感じられるようにすることが大切です。とくに子供は成長するにしたがって、個室にいることが多くなります。

しかし、気配を感じることで程良い距離間や一体感を得ることができるはずです。あまり孤立させたり、一人でいるような間取りをするのも良くなくバランスが大切なのではないでしょうか。

色々な家族それぞれの考え方や思想があるはずです。十分に検討して程良い住宅設計をしていくことを心がけてください。

住宅の騒音については「【騒音】住宅設計する時に気をつけるべき騒音」をお参考にしてみてください。

子供部屋の配置のベストなタイプとは。

子供部屋の位置に関しては、なるべく親が子供の気配を感じられるような位置にあるのがベストです。

リビングからすぐに声をかけられる距離にあるのが理想です。

自分たちが時間が空いている時など、ちょっとした時間を見て子供の相手をしたり、学校から帰ってきた時などにすぐに話ができます。

そのように、こまめに子供との会話をできるようにしておくことが日頃のコミュニケーションを円滑にしていきます。

どのような部屋の導線が子供との会話を多くして、コミュニケーションを活発にするかを具体的に検討してください。

そうすることで、部屋の理想的な配置が分かってきます。

ただし、家族全体でどのような配置が良いかきちんと話し合いの場を設けることが必要です。

理想の家づくりについては「理想の住宅を手に入れるために」にも詳しく解説しています。

また、導線については「【住宅導線】わかりやすい住居内の導線の造り方がポイント」にも詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

子供部屋を生活に合わせた配置にしましょう。

子供部屋の配置ですが、なるべく日当たりのよい場所にするのが理想です。

日当たりについては「【日当たり】住宅購入や設計時の日当たりを考える」や「 【光】光を利用した設計も考えてみましょう。 」に詳しい解説をしています。

夫婦が使う寝室とは違って、子供部屋は生活のリズムを整えるという意味で朝日の光で目覚めることは重要です。

すでに子供が成長しきっている場合などは、そのように考慮する必要はないのですが、寝室同様に風のとおる道の設計もきちんと行ってください。

寝室については「【寝室】住宅設計時の寝室の場所とは」で詳しく解説しています。

子供部屋に関しては、このように色々と考えないといけなくなりますが、基本的には子供の成長過程に合わせたプランが必要という事に変わりはないでしょう。

子供部屋の配置もそうですが、内装などいろいろと検討することはあります。子供の意向もなるべく汲み取って良い部屋を構築してみてください。ぜひ子供と楽しい生活にしましょう。

子供部屋の一般的な間取りとはどんなものでしょうか。

子供部屋の大きさは、だいたい6畳以上と考えている方が一般的に多いようです。

しかし、本当にそれぐらいの広さが必要なのでしょうか。オーディオやテレビ、パソコンなど置かなくてはいけないものもたくさんありますが、本当に必要な物はそうそうないはずです。

子供部屋には、ベッドや机が最小単位です。そうしたことを考えると、それ以外の洋服箪笥や本棚などは別に共用ルームに置いておいても良いのではないでしょうか。

良くあることですが、子供部屋を多く取りすぎるために、他の部屋のスペースが小さくなり、肝心の家族で集まるためのスペースであるリビングやダイニングが狭くなるという事もあります。

ですので、子供の成長に合わせて、本当に必要な物を考えてその都度設計していくことが大切です。

家族や子供の成長に関しては「家族に考慮した住宅設計」も参考になるのでいっしょに読んでみてください。

子供部屋を子供の成長に合わせて臨機応変に。

子供部屋にかえって色々な物があるようにしてしまうと、生活がその部屋の中で完結できるようになってしまい、家族とあまり会話のない生活が出来上がってしまう恐れがあります。

ですので、ある程度子供部屋には不自由さを感じさせるぐらいの設備が良いのではないでしょうか。その方が、自分の部屋にこもるという事がなくなり、リビングに必要な物を取りに来るということが行われ、その際に家族の中で会話ができるようになります。

現代社会は確かに便利な社会になったが、多少の不便さもある意味違った良い意味で、家族間の会話を多くもたらすという副作用もあります。

子供の成長に合わせて、どのようにしていったらよいか適時検討していくお勧めします。

子供部屋の工夫するポイントとは。

子供部屋に関しては、どんな工夫や方法があるのでしょうか。子供部屋は、確かに住宅を設計した際の、子供の年齢を考慮したもので設計をするようですが、子供も成長とともに大きくなります。

成長に合わせた使い方ができるような柔軟性のあるプランが必要なのではないでしょうか。

まだ小さい時は、子供同士が共有できるタイプの部屋が良いです。

ワンルームにしておき、成長に応じて仕切りや収納家具を別々に使い分けるなどの工夫が必要です。

れぞれに個室を与えるプランにするのが望ましいでしょう。

もし、住宅購入時に個室が必要な年齢なら、逆に独立後のことを考慮しておき、壁を取り払えるようなプランにしておくと大変便利になります。

先を見越してプランニングしましょう。

子育てサービスには、自治体ごとに違いがあります。

自治体で変わってくる子育てなどの自治体サービスをご存じでしょうか。

夕張市の破たんなどで行政のサービスなども注目を浴び始めましたが、自治体によって住民サービスが違う事も知ったと思います。

財政の豊かな自治体ほど住民向けサービスがしっかりしていて、驚くほどのサービスを提供しているところもあります。では豊かなサービスを提供している自治代とはどういったところで分かるのでしょうか。

それは子育て支援サービスに現われます。

子育て支援のサービスをしっかり行っているところは、自治体の基本的な考え方に人を大切にしようと考えているところが多く、自治体の財政が苦しくなったときに最初に削減するのも子育てになりますので、子育てサービスの質を見ればおおよそ分かります。

-ライフ設計, 住宅のお役立ち情報, 住宅リスク, 内装外装, 興味段階, 購入前後
-, , , , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.