【庭】住宅設計と庭

投稿日:6月 28, 2019 更新日:




庭の上手く設計して生活を豊かに

庭や植物には人の心を和ませる効用があります。ただし、それなりに手間暇がかかります。

作り方次第で、年月が経過して趣のある庭になるようですが、その良さを代々引き継ぐような形が理想なのではないでしょうか。

理想の家づくりについては「理想の住宅を手に入れるために」にも詳しく解説しています。

そうすることにより、庭の価値はさらに高まります。時間に追われる毎日ですが、ふと庭を見ることにより心が和むような時があるのは素敵なことです。

住宅の価値については「【価値】資産価値を生む不動産物件」に詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

庭にしつらえられた四季折々の草花や樹木、意見に水が流れていて魚が泳いでいるような雰囲気に趣があればなおさら癒されるのではないでしょうか。

このように庭をうつくしく、きれいな環境にすればそれだけで人の心が癒されます。せっかく建てる自分の家です。

庭も素晴らしいものにしましょう。

住宅のプランニングに関して

庭のプランニングと、住宅そのもののプランニングは同時に進行する必要があります。なぜかというと、どちらかを先に完成させて始めるようだと、どちらかがもう片方とそろったコンセプトで考えられなくなり、ちぐはぐな印象をあたえるようなものになりかねないからです。

できれば、部屋のこの位置から庭を見るとこうなるとか具体的なイメージをだけるような設計をするようにしましょう。庭をきちんと住宅とそろったイメージコンセプトで完成させるとそれだけで周辺環境にも良い影響を与えて、通る人の目の保養にもなります。

その住んでいる街の景観状況を考えるという意味もあり、我が家のデザインからイメージはきちんとしておくべきだと思います。しっかり計画的に行ってください。

庭の設計を住宅の中心に

庭をどのように設計するかで、家の生活も楽しいものになります。庭は太陽や風、植物、小鳥といったさまざまな自然とじかに交われる重要な場所になります。

また、敷地内の中で唯一自然とじかに触れる機会のできる場所とも言えます。

快適な外部空間なので、洋風形式や和風形式など庭にも色々な形式があります。

役目としても、窓越しに眺めるための物や花や野菜を育てる場所、子供やペットの遊び場など、その家の暮らし方やどのようなことを庭に求めるかで変わってくるでしょう。

もし、2世帯住宅にするようなら、庭に対して2つの意見をうまくかみ合わせたものを作らないといけなくなるでしょう。

庭に対する計画を家族間できちんと統一したものにしてください。

全体的な快適な住宅については「住まいを快適にするための住宅設計」や「家族に考慮した住宅設計」を読んでみてください。

敷地の狭い住宅にて中庭を設けるメリット

敷地が狭い家や住宅密集地などでは、中庭という手段もあります。庭の形式としては、いちばん面積の小さいものですが、周囲を建物や塀で囲まれている状況では大変有効な作り方です。

家の中から見えると、安心感があり落ち着いた空間がそばにあるようなものになります。すぐそばにあるので、自然に触れられますし外部からの視線もほとんど気にならずに済む作りです。

床は土でもかまいませんか、タイルやデッキなど土以外の物で構成しても良いでしょう。土以外の物で、床をつくると夏には素足で外に出られる環境ができあがります。

ただし、このような中庭形式にする場合、一つ問題があります。

排水の問題です。きちんと雨水の処理など、排水対策は行うべきです。

庭の植木を上手く植えましょう

庭に表情をつけるのは、そこに植えられる植物や樹木などです。樹木にも色々と種類があります。樹木には常緑樹と落葉樹があります。

常緑樹は、火災や風から家を守る。

落葉樹は夏は建物を暑さや夏の日差しをまもり、冬は太陽の光を室内にそそぐ働きをすることもあります。

ですので、そういった庭に植える植物ひとつひとつの特性をきちんと把握して、庭のどの位置に植えるかなど考えて行いましょう。

家の間取りとバランスをとりながら設計するのも良いでしょう。植物もできるだけ、その地域で咲いているなど元々あるような在来種がよいでしょう。

その地域にあるような植物であるというとは、その周辺での環境にあったものだということなので、無理なく自然環境に適合するはずです。

-住宅のお役立ち情報, 住宅を建てる, 内装外装, 購入前後
-, , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.