住まいを快適にするための住宅設計

投稿日:7月 4, 2019 更新日:




快適な住まいとは

住まいをもっと自分が快適に住めるようにしましょう。

そのための方法は色々とあります。

自分の家にいるときぐらい快適に過ごしたいものですよね。

ただし、そのためには、自分がどういった部分で快適性を感じるか、また家を買った後では遅いです。借りた場合などはそうそう簡単に変えることなどできません。ではどうしたらよいのでしょうか。

それは、事前に面倒ですが準備をして調べましょう。念入りに調査をして間違いのない部屋探しをしていくべきです。そうしたほうがよっぽど面倒なことにならなくて済むはずです。

後々、こんなはずではなかったということにしましょう。ただし、どう最善を尽くしても、かならず良い結果を生むとは限りません。最悪の事を想定して、臨むことです。

快適な住まいを目指して

病気になるような家に住むことは避けましょう。

住まいは一日の大半をすごすための空間です。健やかな毎日が遅れないようであれば価値のないものになってしまいます。

しかし、実際には購入後、入居してこんなはずはなかったとか、化学薬品のせいで目がチカチカするといったシックハウス症候群や冷えを助長したり、美肌を損なう事になったりなど湿気やハウスダストなどは健康をむしばむような住まいも多くあります。

家族、とくに子供の成長を考えたら、全員が明るく健康に暮らせる住まいを選ぶことは基本です。家族の長として、男はそういった責任もあります。

健康面から考える住宅については「健康面から考える住宅設計」を確認ください。

長い生活をする場所ですので、きちんと住宅を選びましょう。

また、それが家族の暮らしを楽しくすることになるものです。

住宅の価値については「【価値】資産価値を生む不動産物件」に詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

快適に住むための住宅設計のポイント

玄関から子供部屋に向かう導線の途中にリビングを配置したり、吹き抜けなどを使って階段部分を開放的にする工夫も一つの手です。

より詳しいお子さんの住宅設計については「【子ども】住宅設計と子どもについて」を参考にしてみてください。 

年々おいていく両親の事を考えて、両親の部屋の配置も同様の視点で考えます。高齢者の部屋も移動の負担を減らすためにトイレ浴室への移動が楽な場所にするのがポイントです。

深夜の話声や足音は大変目障りですが、見方を変えれば、人の存在を感じさせるようなぬくもりがあります。そうした物音が人の生活感を出しているという側面もあります。

だから、絆が深まると考えても良いのではないでしょうか。

このように、物音をただ単に騒音というようにマイナスに考えるのではなく、良い意味で考えて捉えていくのも大切です。

単純な決めつけは良くないという事です。

住宅の騒音については「【騒音】住宅設計する時に気をつけるべき騒音」をお参考にしてみてください。

居心地の良い住宅とは

住宅にとって、住まいの居心地の良さとはなんでしょうか。住宅を立てる上で一番重要な要素ではないでしょうか。

各家族ごとによって、違う考え方であるとも思いますが、これだという答えはないようです。

たとえば、冬の寒い時期に部屋に暖かい日差しが差し込んでいて、それがとても心地よいと感じたり、天井が高くて広く開放的な部屋が居心地が良いと感じることがあるなど、色々とあるのではないでしょうか。

居心地の良さとは決して数字で表れるものではありません人によっては感じ方が違います。

ですので、自分たち家族にとって何が心地よくて何が良くないのか、そうした話し合いをしてより快適な空間を家の中で実現していきましょう。

それが一番重要なことです。

家族についての居心地のよさに関しては「家族に考慮した住宅設計」もいっしょに読んでみてください。

安全で快適な土地を選びましょう。

安全で快適な土地を手に入れましょう。土地選びで重要なのは、土地そのものが安全かどうかという事です。

地盤が弱いと家に傾きやゆがみ、その結果ひび割れなどいろんな障害が家に発生してきます。

地盤の強度に関しては、各自治体が発行する洪水ハザードマップ活断層マップなどもその土地の履歴や防災に関する情報を得るのに役立ちます。もし地盤が弱かったとしても、地盤を改良したり、建物の基礎の強度を高めることでフォローもできます。

しかし、それにはそれなりのコストがかかるということです。その他に敷地や広さや日照条件、交通の便、周囲の環境なども様々な面からチェックしましょう。

予算とにらめっこをしながらになりますが、自分たちの希望通りのところなど100%ないということは覚えておいてください。

予算に関して「【予算】住宅づくりは予算との戦いです。」に詳しく掲載しています。

間取りをライフスタイルに合わせて快適な生活を

間取りは自分たちのライフスタイルに合ったものにしないといけませんが、設備に関しても同様に考えていきましょう。良くあるのですが、住宅設備の新しいものに、物珍しさもあって手を出してしまう事もあります。

確かに便利で新しいものが出ると、つい購入してしまいますがその設備が本当にその家族にとって必要なものかどうかはきちんと検討する必要があります。機能が過剰にありすぎて、逆にコストアップにつながってしまう事もあります。

住まいの便利性や快適性を設備を購入することに求めすぎてもいけません。その家族にとって設備がなくても本当に快適な暮らしはあるのではないでしょうか。

住宅の寿命に比べて、設備の寿命は短いものです。

メンテナンスなども必要になります。

きちんと検討しましょう。

住宅のメンテナンスについては「【メンテナンス】住む人の期待に応える住宅メンテナンスの習慣化とは」により詳しい情報を掲載しています。

快適な睡眠のための住宅設計の方法

寝る際の形式ですが、いくつかあります。

ベッドを設置してそこで寝るか、畳の上に布団を引いてそこで寝るかなどです。今までの生活スタイルで決める方も多いのですが、本当に合ったスタイルを自分たちで話し合い決めましょう。

たとえば、高齢者にとっては、寝起きの動作はベッドで行う方が楽にできます。介護が必要になった際も、介護する側もされる側にとっても双方に負担が少ないと思います。

一方で、ふとんを引いて寝るタイプの場合、ふとんをあげおろしは面倒になりますが、上げてある間はそこにスペースができてアイロンがけなどいろんな作業ができるスペースができてきます。

部屋自体の広さは、ベッドルームより狭くて済みます。自分たちに合うタイプを検討しましょう。

住宅全体のスペースを考えるなら「【住宅スペース】住宅スペースの有効設計」を参照してみてください。

快適な睡眠をするための工夫

寝室の快眠のためには、いくつかの工夫が要りますが、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

一つ目の要素は、住宅の音への工夫です。これは二重サッシをつかうなど防音対策をきちんと施せば解決できることです。子供部屋との間に押し入れを持ってくるなどしても良いでしょう。

2つ目は、住宅の光への工夫です。暗くないと寝られない方がいると思います。そういった方のためにカーテンを用いるなどしましょう。

3つ目は、住宅の風の通りを良くすることです。夏の暑い日などエアコンをつけるのが難しいのでしたら、風の通り道を作るのも必要になります。

4つ目は、照明の工夫も必要です。

照明のスイッチは出入り口でつけベッドのそばで消せるタイプが便利でしょう。スタンドを取り付けたりして、光の微妙な演出による快眠も必要です。

光や照明については「【光】光を利用した設計も考えてみましょう。」や「【照明】住宅照明の効果的な設計方法」でも詳細を解説しています。

また、寝室については「【寝室】住宅設計時の寝室の場所とは」で詳しく解説しています。

-ライフ設計, 住宅のお役立ち情報, 住宅を建てる, 住宅リスク
-, , , , , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.