【電気電源】わかりやすい住宅の電気電源について

投稿日:6月 22, 2019 更新日:




1戸建て住宅の電源コンセント

1戸建てに関して、注意しておくことの一つとして、各部屋のコンセントの位置やスイッチ類です。

各場所にきちんと設置されているか確認してみましょう。

掃除の際に、廊下や床下近くにないと大変困ると思います。洗面所にもコンセントがないと暖房器具がおけないようなことになります。

テレビや電話・ITなどの回線も、そこに置く機器の大きさなどに影響されてくるので、回線を増やせるのかなどきちんと確認しておいた方が良いです。

コンセントなどは毎日使うことなので、念入りに見てみることをおすすめします。

リビングや寝室、廊下などにいくつのコンセントがあるか、またトータルでどれくらいの物が、配置良く設置されているかをチェックしてみましょう。

廊下については「【廊下】わかりやすい長い廊下の住宅活用方法」でも詳しく解説しています。

注文住宅の電源コンセント

設計段階の注文住宅

電気関係の設備は早めに計画を立てることです。

新築時に住宅の電気設備として検討するものと電気店で買う家電とに分けられます。

住宅の電気設備としては無線LANやインターホンなどがあり、電気店で購入する家電はテレビや冷蔵庫など新築を機に買い替えるケースが多いようですが、これらの設置場所とスペースをきちんと設計の段階で決めておくと、入居の際にスムーズに搬入できて無理のない引っ越しができるようになります。

また、引っ越し時に搬入したいテレビや冷蔵庫などもそうですが、将来的に子供が大きくなった時に購入する電気機器などもできるだけ想定して、住宅の間取りのどの位置にもってくるかを検討したほうが良いでしょう。

それにともなって、新たにスイッチやコンセントなども準備しておきましょう。

注文住宅については「【注文住宅】住宅設計の流れとポイント」に詳しく掲載しています。

工事段階の注文住宅

普段の生活で使う事になる建具や各種設備、内外装などを確認しながら建物を見ていきましょう。

構造部分の工事が済んだら、続いて電気関係の工事が始まります。

この段階で、照明などのスイッチや各種コンセントが使いやすい位置にあるかチェックしておけば、完成してから修理するような二度手間をかけずに済むようになります。

また、水回りなどの水道の給排水口やガス栓なども生活に支障がないか確認してください。

ドアや引き戸などの建具なども位置やサイズをきちんと確認してみてください。建具が仕上がると、内外装の工事が始まります。

床の畳やフローリングを敷いたり、天井や壁のクロスを貼ったりと住宅の中が完成に近づいていきます。

建売住宅、中古住宅の電源コンセント

コンセントやスイッチは数と位置を良く検討してみましょう。

入居してから意外と多い苦情が、コンセントの数が足りなかったとかスイッチの数が足りなかったなどです。きちんと部屋の間取りの設計の際にきちんとどの部屋のどの位置でパソコンをおいて作業をするか、またはテレビを見るかなど、実際の自分たちの生活を想定した設計が行われなかったことによることが原因です。

また、将来的に、家族が増えたり電気機器を購入するなどいろいろと生活様式も変わってくる可能性もあります。ですので、そのように将来を見越したコンセントの数や位置、スイッチの位置などをきちんと計算した間取りの設計が重要になってきます。

甘く見ず、きちんとコンセントとスイッチに関しては対応しておくことです。

ほかにもいろいろ電気電源

オール電化住宅

オール電化住宅のシンボル的な存在なのが、IHクッキングヒーターと言えるでしょう。火を使わなくて済むため、火事の心配がなくガスコンロも平たんなので掃除がしやすいなどのメリットがあります。

管理がしやすいシステムキッチンなため扱いやすいようです。

お風呂の電気を沸かすような電気温水器も光熱費の安いという利点があり、都市ガスに比べてとてもコストが安く済み火を燃やさなくて済むという安全上のメリットもあります。

このようにオール電化住宅には、エネルギー効率の観点からのメリットもありますが、防犯上やメンテナンス上においても管理がしやすいという良さがあります。

最近の住宅は積極的に導入をしているようなので、住宅建設の際には前向きに考えても良いのではないでしょうか。

最近話題の太陽光発電

最近よく耳にする太陽光発電はどんなものなのでしょうか。


太陽のエネルギーを利用して電気を作るシステムです。現在の電気やガスは資源に限りがあり、最近、盛んに太陽光発電が注目を集めています。将来のエネルギー源と言われています。
太陽光発電は、屋根など太陽が良く当たる場所に太陽電池パネルを設置し、太陽のエネルギーを蓄え電気に変換し、それを電気で利用します。4人家族であれば、7割程度を太陽光発電で補えるという試験結果もあります。


設置には費用がかかるが、メリットも大きい。まだまだ設置には、費用がかかりすぎるのが現状です。しかし、太陽光発電は、光熱費がぐっと安くなります。電気が残れば電力会社に買い取ってもらうことも可能です。

住宅の電気電源のまとめ

コンセント スイッチ類はあとから変えにくいものです。建売住宅などの場合コンセントが決定事項になることは少ないですが、だからこそチェックし損ねるポイントです。

注文住宅の場合は設計から工事段階まで細かいですがしっかりチェックし、最新のIHや太陽光発電など入れてみるものひとつの方法です。

-住宅のお役立ち情報, 内装外装, 購入前後
-, , , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.