【照明】住宅照明の効果的な設計方法

投稿日:6月 28, 2019 更新日:




住宅の照明とはどんなものでしょうか。

住宅の照明ではLED照明などが出てきています。

これはエネルギー消費効率を徹底的に高めている照明です。価格はやや高めですが、寿命がとても長く、消費電力も少なくて済みますが、まだまだ普及が進んでいない状況です。他にも蛍光灯や白熱灯などがあります。

それぞれ、設置場所の目的によって使い分けると良いでしょう。

ただ、LED照明が一番耐久性、電力消費などの面で良いです。自分たちの家庭をどのように光で演出していきたいか、それによってどの証明を使うべきか変わってきます。

政府の政策により、LED電球がかなり購入しやすくなっている環境にありますが、まだまだコストがかかりすぎていてメーカーも開発競争をしています。

照明設備にも色々とあります

一般的に、家族の大半がいるのは、室内各所の照明が欠かせない夜が大半になるでしょう。照明設備にはいろいろとあります。

大きく蛍光灯と白熱灯の二つに分かれます。蛍光灯は、室内を均一に明るく照らすように光ります。白熱灯は、屋やおレンジがかかり、柔らかな印象を与えます。家を新築する際は、どこにどんな照明をしたら良いのでしょうか。

玄関や廊下などは、常に通行を行う場所なので安全性を重視して隅々まで光が当たるようにしてください。

お年寄りや子供がいるような場合は、低い所に照らすような足元灯の設置を検討してみましょう。

リビングには、主に部屋全体を照らすための大きめの蛍光灯を天井につけるのがベストでしょう。さらにダウンライトなども付けてみるのも良いでしょう。

住宅照明の効果的な設計方法とはどんなものでしょうか。

住宅の照明に関しては、色々と種類があります。

照明は部屋の雰囲気や居心地を左右するとても大切な要素です。

一般的な住宅では照明が、リビングに真ん中に置いてある形式の間取りを良く見ますが、それですとただのオフィスにあるような照明になります。

住宅ならではのくつろげるための照明もあってよいのではないでしょうか。

家の照明が常に昼間のあかりにように、光っている必要もないでしょう。たまには、夜の落ち着いた時間に落ち着いた照明のもと過ごすような空間で生活をしてみたいものです。

面積の広いリビングでは、複数の照明を組み合わせるような配置がおすすめです。部屋全体をともす主照明と副照明に分けるのです。

そうすることにより、夜の落ち着いた時間に副照明による効果的な演出もできるようになります。

光については「【光】光を利用した設計も考えてみましょう。」でも詳細を解説しています。

-住宅のお役立ち情報, 内装外装, 購入前後
-, ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.