【バリアフリー】住宅設計時のバリアフリー化

投稿日:6月 28, 2019 更新日:




そもそも住宅のバリアフリーってなに?

バリアフリーという言葉があります。高齢者になると、動くのが大変になります。

そういった対策のために、住宅の各部屋を段差がないようにしたりといった丁寧な作りにしていくことがバリアフリーになります。バリアフリー化が必要な場所は、家族が特に行き来するような場所です。

たとえば、キッチンやトイレ、廊下など行き来が激しいような場所はきちんとバリアフリー対策が取られるようにしないといけないでしょう。得に高齢者がいるような家庭はきちんとするべきです。

そのうち、自分たちも年をとっていきます。そうなったときに、動きのしやすい作りをしておくことで家の中の移動楽になります。

元気なうちに対応しておくことが、最大の予防策になるのではないでしょうか。

バリアフリーをどこまで取り入れるかは、きちんと検討するべきです。

まだ家族が若い人の場合、あまり考えないような世帯が多いですが、ある程度お年寄りと暮らすなど、高齢者との同居などがある場合は、最初の段階からきちんと取り組んでおかないといけないでしょう。

また、工事に伴って当然コストもかかってきます。

介護保険や自治体の助成金でリフォーム費用の一部が支払われるケースもありますので、そういった補助金もきちんと確認することが大切です。

現在と将来の両方を上手く暮らしの中に取り入れた生活設計をしてくことが重要なのではないでしょうか。

設計者とともにきちんと話し合う必要があります。なるべくなら、若い世代がお年寄りと暮らすような心づかいをしていくように心がけましょう。

家族の住宅については「家族に考慮した住宅設計」も読んでみてください。

バリアフリーはみんなのもの

バリアフリー化は、何も高齢者だけの事ではありません。いつ家族の誰かがバリアフリーを必要とするか分かりません。

すなわち、交通事故にあったり病気になったりと危険性はいつでもあります。ですので、親との同居といった側面から考えるだけではなく自分たちの身に置き換えて考えていくことも必要になるのではないでしょうか。

若い人だけの生活だとしても、段差が少ないような住宅は移動が楽になり生活が快適になります。

高齢になった家族がいる場合などは、その部屋の周囲もきちんとバリアフリー化しておくようにしましょう。

入口の戸から床、家具まで徹底してください。

そうした対策がきちんとなされれば、広い意味で使いやすい住宅になるのではないでしょうか。

全体的な快適な住宅については「住まいを快適にするための住宅設計」を読んでみてください。

そこまで意識しなくても住宅設計時にバリアフリーは必要

今すぐにでも必要でなくても、バリアフリー化に関しては考えておく必要があります。住宅設計時のバリアフリー対策として廊下や出入り口は広めにとることです。

安全性の高いバリアフリー設計は、走り回る子供や、忙しく家の中を移動する大人にとっても快適な空間となるからです。

具体的な方法は、つまずき防止のための段差をなくすとか、移動の際に負担がないように手すりをつけるなど、いろいろと挙げられます。

将来的なことをきちんと考えるのであれば、車いすのためのスペースを各廊下や出入り口に取るようにしましょう。

このようにきちんとバリアフリーに対して対策をとるように予め、最初の設計の段階で組み込んでおくと、実際にその時が来た際にリフォームに手間がかからずにコストも安く済むなど一石二鳥のメリットが出てきます。

廊下については「【廊下】わかりやすい長い廊下の住宅活用方法」でも詳しく解説しています。

間仕切りや将来に向けてバリアフリー

子供部屋に関して良くあることなのですが、仕切りを簡単に取り外すような設備が必要です。

最初はワンルームで取り外しのやりやすい部屋を考えてなく、共有して子供同士で使う事が多いのですが、年頃になるとやはり子供も個別のスペースが欲しくなるようです。

そうすると、仕切りが必要になってきます。こういったときに、簡単に仕切りができるようにドアや柱などあらかじめ分割して起きやすい設計をしておくことが大切です。

また、子供部屋もそうですが、親が高齢になることを考えてのバリアフリー化も大切です。

意外と、こうしたかなり先の事をみこした設計をしていない方が多く、後ほどその時期になって工事などのリフォームを行う方が多いようです。

より詳しいお子さんの住宅設計については「【子ども】住宅設計と子どもについて」を参考にしてみてください。 

まとめ:バリアフリーなど将来を考えて設計しましょう

バリアフリーはシニアの方のみに必要なことではなくいつだれが明日から必要になるかわかりません。

設計時に将来に向けたバリアフリーの設計をしておくことが非常に大切でこれが住宅の価値となることは間違いないです。

住宅の価値については「【価値】資産価値を生む不動産物件」に詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

-ライフ設計, 住宅を建てる, 内装外装, 購入前後
-, , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.