「 確認 」 一覧

no image

住宅の長期的視点

長期的な住まいを考えた住宅 100年住宅や200年住宅も住生活基本法により、不可能ではなくなってきました。広くて居住性の良い住宅を何代にわたって使っていくという考え方。 定期的に家の補修などのメンテナ ...

no image

【住宅展示場】モデルルームの展示場のチェックポイント

モデルルームの展示場のチェックポイント モデルルームに行くと、実際に自分たちが住む予定の部屋が展示されています。室内の様子を一通り見れるようになっているので、一通り設備や部屋のつくりを確認してください ...

【住宅環境】周辺の生活環境の確認をしましょう

騒音問題は住宅購入に関して問題だと思いますが、周辺の環境によるものを考えてみましょう。 不動産会社の用意した地図の場合都合の悪いことが明記されていないこともありますので、自分で必ず用意することです。現 ...

【住宅スペース】住宅スペースの有効設計

住居スペースを上手く設けましょう 住居は、スペースが限られています。 そうした中で、家族全員の要望を兼ねるために、一人ひとりのスペースを確保するのは大変なことです。 家族の住宅については「家族に考慮し ...

【収納スペース】住宅設計には最低8~9%は収納スペースを

収納スペースは各家庭に合った大きさが必要 良くあることとして、収納スペースがたくさんあるとかえって不要なものまで閉まってしまう事があり、結局は物があふれてしまう事もあります。 買うにしても、借りるとし ...

【キッチン】わかりやすい住宅設計時のキッチンの選び方

キッチンの見るべきポイント キッチンは毎日使うものです。 ですので、設備がしっかりしていることも大切ですが、必要なものが使いやすいように設置されているかを確認することです。 流し台やコンロ、冷蔵庫の位 ...

災害を考えた住宅の立地条件

災害時に強い立地条件の良さとは。 マンションも戸建もそうですが、立地条件が決め手になるのですが、具体的に立地条件の良さとはどのようなものになるのでしょうか。 立地が良いという事は、いくつか要素がありま ...

no image

がっかりな住宅入居にしないために

住宅の入居までは注意をしてください たまにあることですが、引き渡しから実際の入居の間までに自然災害にあうことがあります。 台風や火災、地震などによる被害にあった場合は、「危険負担の取り決め」という項目 ...

マンション購入時の確認ポイント

マンション購入時の確認に関して マンションの仕上がり具合に対しては、気になる部分などすべてメモ書きしておくことです。 疑問や不満、など遠慮なく不動産会社に伝えることはもちろん大切ですが、きちんと改善し ...

物件周辺で確認すべき場所

購入物件の重要な確認しなくてはいけない場所 物件に関して、他に確認しなくてはならないことは、帰宅時間が遅い人は、駅からの道が夜でも明るく、ある程度人通りがあるほうが安心です。 また、日用品を買う商店の ...

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.