理想の住宅を手に入れるために

投稿日:7月 5, 2019 更新日:




理想の住まいを手に入れるためには、自分や家族にとって本当に必要なものを見極めて、我が家にとって快適なプランを立てることです。

暮らし方は、家族それぞれに色々あると思います。我が家にとって豊かな暮らしとは何なのか。

まずは、そこから考えていくことを始めましょう。

そういったことを考えていくうちに、どんな暮らしがしたいかなどどんな空間が良いかなど実際の暮らしをイメージするようになります。

日々の暮らしを実際にイメージして考えてみる。これが大変大事です

こうでなければならないというようなプランはありません。

固定観念はもたずに自由に楽しく、快適に過ごすためにはどんなものがあった良いか気軽に考えてみましょう。

間取りやキッチンのタイプなどはその後です。

快適な住宅については「住まいを快適にするための住宅設計」や「家族に考慮した住宅設計」を読んでみてください。

自己資金と借り入れの割合はどれくらいが理想なのでしょうか。

住宅購入に際しては、自己資金と借り入れはどのようにしていけばよいのでしょうか。

注文住宅を建てる場合は、住宅ローンの融資実行前に必要な費用も含め、自己資金は少なくとも総額の20%できれば30%は用意しておきたいものです。

注文住宅については「【注文住宅】住宅設計の流れとポイント」に詳しく掲載しています。

なるべくならば、全額に近い金額を用意できれば、返済もかなり楽になります。

ただし、実際の人は通常そのように全額返済は無理なので、上手くバランスを取って月額の返済をしていくことになると思います。

親から資金援助を受けたりするときには税金に関して、いろいろと有利な免除制度があります。

住宅に関しての、非課税制度を積極的に利用しましょう。

税金については「【税金】住宅の税金について広く浅く」により詳しく掲載しています。

まとめ:理想の住まいを手に入れるためには。

理想の住まいを手に入れるためには、自分や家族にとって本当に必要なものを見極めて、我が家にとって快適なプランを立てることです。

暮らし方は、家族それぞれに色々あると思います。我が家にとって豊かな暮らしとは何なのか。

まずは、そこから考えていくことを始めましょう。そういったことを考えていくうちに、どんな暮らしがしたいかなどどんな空間が良いかなど実際の暮らしをイメージするようになります。

日々の暮らしを実際にイメージして考えてみる。これが大変大事です。こうでなければならないというようなプランはありません。

固定観念はもたずに自由に楽しく、快適に過ごすためにはどんなものがあった良いか気軽に考えてみましょう。

間取りやキッチンのタイプなどはその後です。

キッチンについて考える場合、「【キッチン】わかりやすい住宅設計時のキッチンの選び方」も参照してみてください。

-ライフ設計, 住宅のお役立ち情報, 住宅を建てる
-, , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.