【耐力壁】耐力壁って何??

投稿日:




地震に耐えるための壁です

耐力壁は「たいりょくへき」または「たいりょくかべ」とよびます。

地震が起こったときに横にゆれますが、それに耐える壁です。

建物には、家自体の重さと家具や人の重さ、屋根に積もった雪などさまざまな重さに耐えるように造られなければなりません。

これには、柱や梁、壁などが支えて重さを分散させるようにしなければなりません。

中でもポイントになるのは、耐力壁で耐久力のあるもので補うようにします。

耐力壁には、大きくは筋交いを入れたものと合板など面材によるものがあります。

筋交いによる耐力壁は、柱や梁などの軸組みのなかに、変形を防ぐため対角線上に材を渡します。

このような壁による強度の補強はどの家でも行っていることです。

自分たちの家がどれくらい補強に力を入れるかで、こうした耐力壁を用いるかが変わってきます。きちんとした強度の補強をしましょう。

耐力壁の強さについて

壁が支える地震に強い家がきちんと、面積に応じて耐力壁の必要量を計算して、設けるように決まっています。

一般には、地震で建物にかかる力は床面積に比例して増大し、2階よりも1階に多くかかり、また土塗り壁や瓦葺きなどの重い建物には、軽い建物よりも多くかかることを覚えておきましょう。

同時に、耐力壁はなるべくバランス良く配置することが重要です。きちんとした家の強度を保つには、耐力壁の強さが大切です。

その強さは、耐力壁の用いる量と配置によりかなり変わってきますが、設計士などが重さを計算して、割り出すような作業をします。その割り出した値により、きちんとした配置が考えられます。

多少コストがかかりますが、このような家の強度に関わることは、きちんと行うべきでしょう。

-住宅のお役立ち情報, 内装外装, 興味段階
-

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.