【登記簿】住宅設計と登記簿

投稿日:7月 14, 2019 更新日:




登記簿の確認も怠らずにしっかりやりましょう。登記簿とはおおざっぱに言いますと、家の履歴書なるものです。種類には2種類ほどあり、「土地登記簿」と「建物登記簿」といった2つになります。

登記簿には、その物件が今までどういった人から誰に渡ったのか、最新の所有者についての情報なども記載されています。土地に抵当権や借地権が付いていないかなども分かるようになっています。

ただし、未完成の新築マンションや建売住宅には表示登記がされていないので、登記簿はありません。

登記簿は、管轄の登記所で見ることが可能です。契約前には、事前にきちんと確認して、購入後に面倒なことがないようにしておきましょう。

意外と登記簿の確認をしない方もいるようなので、しっかりと済ませておきましょう。

登記簿については「登記簿謄本.com」で詳しく解説しています。

きちんと住宅関連の登記をしましょう

実際に購入に関しての契約を済ませたとしても、実際はまだ購入に至っていません。どういうことかと申しますと、登記をしなければいけないということです。登記とは、不動産の購入した権利を、公的に社会一般に対して広く証明するものにあたります。

この登記の動きをしないと、誰かが指摘した際に、所有物であることが証明できなくなります。登記にはいくつか種類があります。建物に対してと土地に対してです。

新築の場合は、建物に対して「表示登記」「所有権保存登記」があり、土地に対しては「所有権移転登記を」を行わなければなりません。中古の場合は、土地と建物に対して「所有権移転登記」を行わなければなりません。

ローンを組む際にも「抵当権設定登記」もしなければなりません。

権利登記の重要性

登記をきちんとしないと大変な目に合う事もあります。たとえば、売り主の不動産会社がつぶれて、債権者により、登記をしていないと購入代金を支払っていたとしても、差し押さえられてしまう事もあります。

他にも、登記前に、不動産会社が他の人に売ってしますという場合も考えられます。いくら購入代金を支払っていてもこのような場合でも、先に登記をされたら他の人の物になってしまいます。

購入予約を行ったら、仮登記を必ずしましょう。こういったケースも考えられるので、不動産会社などは必ず信頼のおけるところに頼むようにした方がよいでしょう。

信頼できる不動産会社については「信頼できる不動産会社について」に詳しく解説しています。

これらのようなトラブルに巻き込まれないように、登記に関してはきちんと素早く対応しましょう。

あとでこんなことではなかったということのないようにしておくことです。

登記のための必要な書類

登記のために必要な書類ですが、いくつかあります。通常、登記作業は買う側と売る側が共同で登記所に出向き、一緒に行う事になっています。ただし、専門家である司法書士が行う事が多いようです。自分で行う事も可能ですが、代理人に任せるようにしている方がほとんどです。

買う側は、住民票と委任状です。売る側は、登記識別情報、印鑑証明、委任状、登記原因証明情報です。当然、代理人である司法書士に頼むと、日当や登記代行手数料がかかったり、登録免許税が必要になります。

どれくらいの費用が必要かきちんと把握しておきましょう。こういったプロセスは簡単なようですが、結構、丁寧に行う必要がある作業です。

自分たちで、司法書士と連携してトラブルの起きないように素早く登記作業を行ってください。

土地の登記簿の確認をしましょう。

土地の登記簿にはその土地の歴史が記載されています。どんな土地で、本当に買うに見合った土地なのかしっかり見極める必要があります。登記簿は、その土地を管轄する登記所に管理されています。自由に閲覧できます。登記簿でその土地の素性を調べてみましょう。

確認するポイントは、表題部にある所在や地目、地積、を見ること。続いて土地を所有した人が記載されている甲区を見ます。ここを見れば、その土地の所有者の変遷が分かるようになっています。

そこで問題があると頻繁に変わっていたりします。乙区はその土地に他に余計な権利が付いていないかを確認するところです。借地権や地上権、抵当権が付いていないかなどをきちんと確認しましょう。

特に抵当権が付いていると、債権の残額があるという事になり購入を見送りしなくてはいけなくなります。

まとめ:登記簿から確認できることがあります。

登記簿から確認できることとして、どのような土地が理想的なのかというと、登記簿上で書かれている箇所に置いてややこしい部分がない土地です。

たとえば、地目と現地の様子が一致しないとか地積と実測面積が違うなどといったことがあるとおかしいという事になります。

他にも所有権以外の権利が数多く記載されていないことなどもあります。

ややこしい事情のある土地ですと、表記におかしな部分があります。

そうした土地は手を出さないことです。

できれば、すっきりした事情のない土地を購入しましょう。すべての事情をはっきりさせてから、きちんと購入の計画を立てるべきです。

見慣れない名前の権利が書かれていないかなど確認をしっかりしてください。

理想の家づくりについては「理想の住宅を手に入れるために」にも詳しく解説しています。

-住宅のお役立ち情報, 法律・書類, 興味段階
-

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.