あなたの住宅の建て直しの仮住まい

投稿日:6月 22, 2019 更新日:




今まで住んでいた住宅を、敷地はそのままで新しい住宅に建て直したいというような方もいるでしょう。

どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

建て替えを検討する際は、まずは新築工事と同じ業者を探し出すことです。解体に関しては、解体工事は施工業者がやってくれるので、解体専門業者を探し出す必要はありません。

依頼する業者が決まったら、すぐに設計に関しての依頼をすることです。

新居に関しての設計と建築確認申請までを先に済ませておけば、解体工事が始まると同時にすぐに住宅から退去ができて、仮住まいの期間が短くて済みます。

平成14年にリサイクル法が、できてから、解体費用はそれ以前の3倍程度で坪あたり3~4万円でできますだいたい解体工事は1週間ほどで終わります

建築確認申請については「建築確認申請とはどのようなものか」にて詳しく解説しています。

建て替えの際に気をつける規制

建て替えの際に気をつけておきたいのは、建て替えに関しての規制等です。

法律上の規制があります。

その他にその地域に関しての用途地域の制限もあります。しっかりとこうした規制や法律に関しては、注意深く行ってください。

それはとても大事なことです。

ある程度の方は、きちんとこうした新築の際に確認することを行いますが、ほとんどの方はただ単に行ってしまう事が多いようです。

また、仮住まいに関しては、暮らしやすく快適な物は避けるようにしましょう。建て替え中の住まいは、なるべく質素な物を選んで、条件の厳しいものにしてください。

その方が、新築住居に入居した際に喜びもひとしおです。

ですので、なるべくコストのかからなくて、シンプルな作りの仮住まいを借りるようにしましょう。

建てなおしの際の仮住まいに関して

解体工事が始まると、家族は仮住まいの住居に引っ越さなくてはいけません。

近所の物件を選ぶのが基本ですが、なかには短期間の入居が不可能な物もあります。ですので、きちんとある程度の期間入居ができる物件をきちんと探すようにしてください。

また、その期間の保険や保証制度などもきちんと確認するようにしてください。できれば、入居前に室内や外装の写真を証拠として撮っておくと良いでしょう。タイミングとしては、新築の住居の設計と同時に仮住まいの住居探しをしていくのが良いでしょう。

保証については「【保証】住宅の保証について」にも詳しく解説しています。

仮住まいに引っ越す際は、今まで使っていた荷物や服などを見直して、処分しても良いのではないでしょうか。そうして、精神的な気分を一心できる機会でもあります。

-ライフ設計, 住宅のお役立ち情報, 住宅の種類, 住宅を建てる, 住宅リスク, 法律・書類, 資金, 購入後
-,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.