【寝室】住宅設計時の寝室の場所とは

投稿日:6月 27, 2019 更新日:




寝室を住宅の中での配置する場所とは

寝室は、道路との関係も注意が必要です。

やはり、できるだけ道路側から遠い場所に配置するのがベターです。朝、晩にどういった騒音が出るのかなど確認してみてください。

住宅の騒音については「【騒音】住宅設計する時に気をつけるべき騒音」をお参考にしてみてください。

その他、気をつけることとしては、光で眠りを妨げられることを防ぐことです。

風の通りをよくすることは当然行う事ですが、寝るまでの時間をくつろいで過ごしたり、気持ち良く眠りに入れるための照明プランも必要です。

寝室を快適なものにして、良く眠れるような空間を作り出しましょう。そうすることが、寝室において一日を気持ちよく終わらせるための方法です。

上手に寝室をプランすることが、また日頃の生活向上にも大変有効で役に立つでしょう。ベッドはもちろん寝室全体に気を配らせてください。

寝室はプライバシーの配慮

寝室に関しては、プライバシーの配慮が必要になるのではないでしょうか。

夫婦が使用するための寝室を考えましょう。

そうしますと、子供部屋のようにオープンな感じを打ち出すのではなく、プライベートを考慮した部屋が良いのではないでしょうか。

また、一日の生活が終わり疲れをとるための寝る場所なので、いかに快適なものにするかという点も絶対に必要な要素だと思います。

音の対策をきちんとたてましょう。音もなるべく出したくない場所なので、遮音効果の高い部屋にしましょう。良くあるのが子供部屋のとなりに設置することが多いようです。

そういった場合には、子供部屋と寝室の間に押し入れや収納スペースをもうけることにより、防音効果を高めてください。

より詳しいお子さんの住宅設計については「【子ども】住宅設計と子どもについて」を参考にしてみてください。 

全体的な快適な住宅については「住まいを快適にするための住宅設計」を読んでみてください。

-住宅のお役立ち情報, 内装外装, 購入前後
-, , ,

Copyright© もっとまじめに住宅を選ぼうよ! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.